So-net無料ブログ作成

川村泰史機長の家族は?結婚して嫁と子供もいるイケメン?調布市飛行機事件!夢を実現する努力はすごいと思う [ニュース]

<川村泰史機長は結婚して嫁や子供ら家族がいるイケメンだった?調布市飛行機事件!港北区!>

7月26日東京都調布市で川村泰史さんがパイロットとして操縦する飛行機の事件が起こりました。
川村泰史さんはどんな人物だったのか、結婚はされているのか、嫁や子供さんはいるのかなど調べて
みることにしました。




スポンサードリンク








川村泰史さんは36歳で大阪府出身、現在は
横浜市港北区に在住とのことでした。

川村泰史さんの経歴を見て行きましょう。
川村泰史さんの両親は二人とも航空会社で働いていたそうで、

幼いころから飛行機といものは川村泰史さんの極
身近にあったものと思われます。飛行機に興味を
持つには十分な環境だったのでしょうね。

子供の頃の作文では将来の夢に
宇宙飛行士になることをあげられていたそうです。

駒沢大学に進まれた川村泰史さんは、
在学中に、宇宙へ飛び立つスペースシャトルのパイロットになるには
飛行経験が不可欠であることを知り、

航空会社のパイロットになることを目指したと言います。

その後、アメリカと日本で飛行訓練を積み、
パイロットの免許を取得され


日本エアロテック株式会社に入られます。
二年間勤務したのち、宇宙事業を扱う民間企業を
作るために、日本エアロテック株式会社から

分社化という形で、独立起業し操縦士を目指して
いる人を育成し操縦免許をとるまで面倒を見る会社

「シップアビエーション」を設立されます。

訓練は日本エアロテック株式会社内にある
調布飛行場で行われていました。

川村泰史さんの家族は?嫁や子供はいるの?



川村泰史さんに嫁や子供がいるのか調べてみると
、ご結婚されていて、嫁さんがいるということでした。

近所に住む男性が川村泰史さんが最近結婚して
実家を出たという話を聞いたということや、

川村泰史さんの母親が今回の件の取材で
嫁さんがいるということを話しておられます。

また結婚はされているようですが、結婚してまだ

それほど間がたってらず、お子さんはおられなかったようです。

新婚だったかもしれないことを考えると川村泰史
さんの嫁さんはさぞショックを受けておられるの
は想像にかたくありません。


おすすめ記事
金野恵里香さんは美容師!19歳犯人のFacebookは?北海道音更柳町!動機が嘘なら絶対逃すな!

川村泰史さんはどんな人だったのか。評判は?


川村泰史さんは
二年間に一度ある技能検査に
去年の3月にパスしておられ、

今年二月に受けられた身体検査でも
問題はなかったとのことでした。

非行操縦に支障をきたすような持病もなかったそうです。

川村泰史さんの評判は難しい操縦技術の試験も位発で合格するなど

信頼できる腕前のパイロットであると周囲から言
われていたそうです。

シップアビエーションでパイロットの育成をする
他に、川村泰史さんは子供に、操縦士という仕事

に夢を持ってもらうために
航空教室を開いていたようです。

近所の人たちからの評判も軒並みよかったものが多いですね。

人付き合いが大変良く、人当たりもいい爽やかな
好青年だったそうです。確かに川村泰史さんの顔

写真を見ると世間でいうところのイケメンさんだ
ったようです。

川村泰史さんが批判されているのはなぜ?


川村泰史さんに対して批判している声があるので
調べてみました。

川村泰史さんは、自身が設立したシップアビエー

ションで操縦士の育成をしていましたが、

国の認可をもらってない状態で運営していたのは

まずいのでないかという声。

川村泰史さん側は、これまで国の認可をもらうた

めに行政や役所に掛けあっていたが、認可が降り

ず、今後も認めてもらえるよう努力していく
との声明を発表していた模様。

また川村泰史さんのこれまでのトータル飛行時間

が国土交通省に申告したのが、1500時間なのに

実際の飛行時間は600時間から700時間でおかしい

のではないかという声も。

事件のあった日、川村泰史さんが操縦した飛行機は13分出発が遅れていたたそうで、

先に離陸予定だった飛行機に
「先に飛ばせてほしい、エンジンチェックはすんでいるから」

と前のエンジンチェックはしていたが、最終エンジンチェックをしなかったとのこと。

飛行機は時間単位で借りていたので、
急いだことがまずかったのではと言われています。

川村泰史さんが過去にFacebookに投稿した内容についても、
事件が起こった後であるからか物議を醸しています。

どのような内容の投稿かというと、
「知らないから怖いと思う、飛行機について自分は知っているから怖くない」
「飛行機は情熱で飛ぶ」

飛行機に乗り操縦することを甘く見てたのではないかとの批判の声が・・。

他には今回の事件に便乗するように政党がオスプレイも危険なのではと声を上げており
不謹慎極まりないことも起こっているみたいですね。


<終わりに>
エンジントラブルがあったのでは、

エンジンかけて異常あれば中止していたはず。
エンジンは正常で、走行後なんらかの要因でスピードがあがらなかったのでは、

など色々な意見が出されていますが、
まだ原因は詳しくわかっていません。

原因究明には
飛行機に搭乗していた人の意識回復が待たれています。

川村泰史さんが操縦した飛行機は
2004年に北海道で着陸失敗していたそうですが、

今年5月の検査では合格していたようです。

世間では川村泰史さんを批判する声を先ほど書きましたが、

幼い頃からスペースシャトルのパイロットになるという夢を持ち続け、

そのためには操縦士の資格が必要である、と
目標を一つ一つ着実にクリアしてきたことは努力家

として評価されてもいいのではないでしょうか。
幼い頃にあげた夢は普通の人は時間と共に

現実とのギャップを知り諦めていくことが多いと思うので。

また、自らの夢をかなえる努力をしていたことの他に
後進の育成にも力をいれていたことは素晴らしいことでしょう。

プロのスポーツ選手が引退後、取り組んだスポーツが自分を育ててくれたと、
恩返しのために後進の育成に取り組まれることはよくあります。

自分さえ夢を叶えれえばそれでいいという
ことではなくて、

川村泰史さんは夢を持つことができた環境(両親が航空会社勤務)に恩を感じ、

自分一人だけの力でここまで夢を叶えてこられた

わけではないということをきちんと身にしみて理
解していたんだろうと思います。

川村泰史さんが批判されているように
まずいこともあったのかもしれませんが、

まだ若く、未来のパイロット志望の人たちの
力になってくれたかもしれないことを思うと
残念であったのではないでしょうか。




スポンサードリンク







`おすすめ記事`

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。